Chez PUCCI blog & news

K9ナチュラル 掲載再開しました

超高級フリーズドライのドッグフード、『K9ナチュラル』が、
インターネットショップには置いてはいけない取り決めになっており、一旦全てSOLD OUTにしていました。

が、メーカーの審査にパスすればOKとのことで審査に出しておりました。
担当者曰く、今までにネットショップで審査に通ったのは1社しかないと聞いていましたが、なんと

当店も掲載OKとなりました!! ( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ

ワンちゃんのことをよく考えた渾身のフードです。
是非ともお試し下さい!

 

 

以下ショップより

K9ナチュラル特別ポイント還元


K9ナチュラルはニュージーランド産の新鮮な生の食材をフリーズドライにした100%ナチュラルなドッグフードです。

K9ナチュラル
 

 

K9ナチュラルのコンセプト


K9ナチュラルの最大の特長は新鮮な自然食材にできるだけ手を加えず、フレッシュ(新鮮、生)で最適な栄養バランスのまま、フリーズドライ加工(真空凍結乾燥技術)していることです。加熱処理を一切行わず、「作りたての生食」を皆様のお手元へお届けしているのです。

K9ナチュラルは、100%ナチュラルで、完全に穀類を含んでいません。 徹底した安全基準を設けるニュージーランド政府の厳しい基準をクリアした、新鮮で高品質な自然食材(人間食用)を使用。人工の香料・着色料・保存料・栄養添加物(サプリメント)などを一切使わず、自然食材だけで犬にとって最適な栄養バランスを追求し、愛犬のための「新しい食事」として完成させました。

K9ナチュラルに含まれる自然食材に特別なものはありません。新鮮な動物(子羊、鹿、牛)の生肉、血、粉砕骨、内臓(心臓、レバー、腎臓)、新鮮な季節の野菜と果物、新鮮な卵、ニンニク。これらはすべて人間食用のものを使用し、すべてニュージーランド産です。

生食は従来、鮮度保持など管理の難しさが指摘されていましたが、K9ナチュラルは、フリーズドライ製法によって、作りたての「生食」をお届けし、ご利用時はお水かぬるま湯で戻すだけという手軽さを実現しました。ニュージーランドの大自然の恵みと最新のテクノロジーが結びついた革新的なドッグフードです。

K9ナチュラルの製品特長




K9ナチュラルのドッグフードの特長

K9ナチュラルは、愛犬が「本能で求める」 100%ナチュラルな生食ドッグフードです。

 
穀物(小麦・米・トウモロコシ・大豆等)不使用
人工の添加物(香料・着色料・保存料・酸化防止剤・栄養添加物)不使用
犬の食性に合った栄養バランスで設計(85%以上が新鮮な肉類)
フリーズドライ製法で「生食」を手軽に保存
AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリア
ニュージーランド産の新鮮素材をフレッシュ(非加熱)加工*
*製造はすべてニュージーランド。加工工場を通じてトレーサビリティ(追跡調査)を確立、食の安全には万全を期しています。
子犬からシニア犬までオールステージ対応
食材はすべて人間食用を使用
K9ナチュラルは、犬が本当に必要とするすべての栄養が最適なバランスでとれる、画期的な生(非加熱)のドッグフードです。ニュージーランド産の新鮮な自然食材からつくられ、フリーズドライの状態で皆様に届けられ、お水やぬるま湯(37度以下)を加え、生の状態に戻してから与えていただきます。

K9ナチュラルフードは、犬の祖先であるオオカミの食事を基につくられ、新鮮な家畜(子羊、牛、鹿)の肉類が85%以上!(家畜には、成長ホルモン剤、抗生物質、サプリメントなどは一切投与していません) 新鮮な野菜、果物、全卵、ニンニク、合わせて15%。これらの食材(すべて人間食用)を使用し、独自の配合(レシピ)でつくられています。

非加熱加工(生食)なので、食材に本来含まれている豊富なビタミンやミネラル、消化酵素など、熱に弱い、これらの健康維持に不可欠な成分を損なうことなく摂取することができます。人工の添加物は一切使用していません。

生食を与えることによって、愛犬の体には様々な良い変化が期待できるでしょう。「生食について」外見上の変化だけでなく、愛犬の体が本来必要としている栄養、エネルギーが満たされることによって、よりよい体づくりのサポートにつながると考えています。

生物学的に適切な食事(生食)を、K9ナチュラルでスタートしてみませんか?フリーズドライという手軽さが、難しそう、大変そう…といった従来の「生食」に対する既成概念を一変してくれることと思います。

愛するパートナー(愛犬)の健康のために、最高の選択をしてあげましょう。

 

 

K9ナチュラルの原材料について

ニュージーランドの自然ニュージーランド発の「K9ナチュラル」は、犬が自然界で本来食べていた加工されていない食べ物に注目し、可能な限り自然な状態で提供するナチュラルフードです。ニュージーランドではBSEや口蹄疫は発生していておらず(2011年5月現在)、原子力発電所も無いため、広々とした土地で育つフリーレンジの食肉には土壌汚染の心配もありません。最高の「生食」そのままの栄養価を、フリーズドライ製法で2年間保存できます。

新鮮な食材 犬の消化器の働きは、人間よりもずっと速く、バクテリアも体内で悪さをする前に外に排出されます。しかし、犬の腸の短さを考えると、食事には体内で早く消化・吸収されるものが求められます。オオカミの食事は、栄養が豊富で、消化されやすい新鮮な肉が主体です。K9ナチュラルがなぜ良質な「生の肉類」にこだわるのか、という理由がそこにあります。

新鮮な生肉 肉以外にも、その昔、野生動物として犬が食べたであろう消化しやすい食べ物(草葉、種、果実など)の代わりとなる野菜や果物なども栄養バランスを考え、すべてフレッシュ(生・非加熱)で配合しています。

これらシンプルでナチュラルな肉類中心の食事は、愛犬が「本能で求める」究極の食事といえるでしょう。

新鮮な家畜(子羊、牛、鹿)の肉・骨・血・内臓

K9ナチュラルのドッグフードの85%以上は、家畜の肉類(生肉、粉砕骨、血、少量の内臓)からつくられています。ニュージーランドの肥沃な大地で放牧されて育った健康な家畜だけを使っています。これらの肉類には、成長ホルモン剤、抗生物質、サプリメントなどは一切不使用。病気で死んだ家畜や衰弱した家畜、廃棄部分(ヒヅメ、尻尾、鼻など)も一切使用していません。

 
家畜の新鮮な血からは、豊富な鉄分やミネラルが摂取できます。
粉砕骨からは、人間と比べて大量に必要とされるカルシウムを十分に摂取できます。(カルシウムの不足は、骨粗鬆症につながったり、体の成長を遅らせたり、虫歯になりやすくなります)
少量の内臓、特に、心臓、レバー、腎臓、グリーントライプ(草食動物の第4胃のこと、未消化の草なども含まれプロバイオティクス〔犬のからだに良い影響を与える微生物〕、消化酵素、乳酸菌が大量に含まれる)からは、肉食獣である犬が必要とする重要な栄養を摂ることができます。
 

 

新鮮な旬の野菜と果物

新鮮な野菜
農業先進国として知られるニュージーランドは、政府による管理基準も厳しく、農作物のクオリティの高さや信頼性は世界中から評価されています。K9ナチュラルのドッグフードに約10%含まれる新鮮な旬の野菜と果物からは、犬が必要とする適量の炭水化物と、必要なすべてのビタミンを摂ることができます。ブロッコリー、カリフラワー、シルバービート(ニュージーランドでポピュラーな葉野菜。βカロチン、ビタミンC、Kが豊富)、キャベツ、 かぼちゃ、リンゴ、梨など、旬のタイミングで使っています。

 

ニンニク

ニンニク
ニンニクは、大切なミネラル成分(ゲルマニウム、セレン)を含む安全で自然な食材です。

K9ナチュラルに含まれる微量のニンニクは、愛犬が必要とする微量栄養素(ビタミンやミネラルなど、健全な成長・健康維持のために、からだが微量必要とする栄養素)を補うとともに、寄生虫に対する自然の防御メカニズムを助けます。

 

新鮮な卵

新鮮なタマゴ
犬の祖先オオカミたちは、ハンターですが、もし、自然界で卵を見つけたら、夢中でむさぼり食うことでしょう。卵には、タンパク質、葉酸、鉄、リン、亜鉛、ビタミンA 、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンBが豊富に含まれおり、犬が自然界で得ていた様々な栄養素を補うものです。

iconトップへ戻る

icon商品一覧へ移動

生食について


生食 なぜ、犬の食事には「生食(Raw Food Diet ローフード ダイエット)」がいいのでしょうか? 初めて「生食」という言葉を耳にした方の中には、「生のまま食べて大丈夫?」「お腹を壊したりしないの?」と、驚かれる方も多いかと思います。 しかし、オオカミから進化した犬が野生だった頃は、自ら狩りをして得た生肉を食べていたのです。 犬の消化器官は、肉食獣特有のもので腸が短く、穀物などの炭水化物の消化は苦手です。また、熱加工した食材は消化されにくく、腸内でガスが発生したり腐敗したりして、からだに負担をかけることになります。

元気なわんちゃん したがって、消化しにくい穀物を含まず、肉食獣本来の食事である動物の肉や骨などを生で食べることは、消化・吸収しやすいうえに、熱に弱い栄養素や消化酵素など健康維持に欠かせない成分もしっかり補える、犬にとっては最高の食べ方なのです。 中でも、生肉に多く含まれるプロバイオティクス(犬のからだに良い影響を与える微生物)や消化酵素には、動物が本来持っている体調調整機能を最大限に引き出し、腸内環境を整え、消化吸収を助けたり、免疫力を高めたりする効果があります。 他にも、新鮮な旬の野菜や果物、卵なども、含まれている豊富なビタミンやミネラル、腸内の消化に役立つ消化酵素などが熱で損なわれることがないよう、フレッシュ(生・非加熱)な状態で摂ることが重要です。

 

 

フリーズドライ製法について


K9ナチュラル" フリーズドライ(真空凍結乾燥技術)とは、凍結した状態で乾燥させる方法で、熱を加えず水分を取り除くため、栄養や素材の香りをフレッシュな状態で維持したまま、常温で何年間も保存することができます。また、限られた保管場所でもスペースをあまり取らずに済み、お水やお湯を加えると元の状態に戻すことができます。

 

フリーズドライの良い点



非加熱加工なので、風味、香り、栄養素はそのまま
常温で保存可能(冷凍保存の必要がありません)
軽くて持ち運びに便利(お水やお湯があれば、愛犬に栄養たっぷりの生食を与えることができます)
保存や輸送に冷凍する必要がないため、CO2の排出を削減できる
長期保存できる(2年間)(非常食としてもご利用いただけます)
フリーズドライは超低温です" フリーズドライ製法は、まず最初に食品を水が凍る氷点よりはるか低温で凍らせます。この時点で、食品の内部に含まれるすべての水分は凍り、硬い水晶のように変化します。果物や野菜、肉などの分子構造は変わらず、水分が固体の状態になります。これがフリーズドライの前半の過程です。

次は乾燥の工程です。冷凍された食品は、真空状態にするための部屋に移され、空気を抜かれます。すると、硬く凍った水分(氷)は直接、気体(ガス)に変化します。(この過程を“昇華”といいます)水分が昇華して脱水された固体の食品ができます。

K9ナチュラル" フリーズドライ製法は、他の熱を使った脱水法と比べ、物質にもたらすダメージを最小限に食い止めます。フリーズドライした物質は、サイズが小さくなったり、物質が乾燥することによって、硬くなったりしません。そして、風味、香り、栄養素は一般的に変わらず、食品を保存するためにはとても有効な製法といえます。

 

 

 

 

chezpucciK9ナチュラルのページはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です