Chez PUCCI blog & news

Orijen(オリジン)掲載開始しました

この商品の特長


オリジンは世界的に高い評価を受けています。

 

グリセミックリサーチ研究所(ワシントンD.C.)がペットフードに与える国際的な賞である「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」に2009年から3年連続で選ばれています。

市販されているペットフードの中では唯一、オリジンのみの受賞となっています。

チャンピオンペットフーズ社は、革新的で最高レベルのフードを製造しているとして国際的にも高い評価を受け、北米ペットフード業界のいくつもの名誉ある賞を受賞しています。

 

オリジンの5つのポイント

1 肉の種類と鮮度へのこだわり
オリジンは放し飼い鶏肉と七面鳥肉、全卵、放牧羊肉、バイソン肉、イノシシ肉、さらに厳選された天然淡水魚と海水魚など、多種多様な新鮮肉を生のまま使用しています。

新鮮な未加工の肉や魚には、犬や猫のベストな健康状態に不可欠なたんぱく質と脂肪が含まれ、犬や猫が本能的に好む自然な風味があります。

オリジンは肉の種類とともに品質・新鮮さにこだわっています。肉類の原材料は冷凍や熱処理をせず、もちろん保存料など一切使わず冷蔵のみで保存されます。地元農場から放し飼い鶏や七面鳥、全卵、放牧赤身肉、天然魚などは毎日新鮮なまま搬送されています。そのため、たんぱく質と脂肪が自然なかたちでたっぷり含まれています。
2 動物性の良質なタンパク質
チワワからグレードデンまで、あらゆる犬は同じDNA形態を持ち、進化の起源も同じハイイロオオカミです。穀類を擦りつぶす歯と長い腸を持つ人間とは異なり、すべての犬は尖った歯と短い消化管で、動物性たんぱく質と脂肪を効率よく代謝する体の構造を持っています。

また人間は植物や炭水化物などを消化する酵素(アミラーゼ)を持っていますが、犬や猫は炭水化物を消化する消化酵素を持っていません。

犬や猫は基本的に肉由来の動物性たんぱく質と脂肪をエネルギー源として健康を維持しています。
3 低炭水化物で自然な食事
大切な犬や猫たちが太り過ぎたり、成人病のような症状になったとき、脂っこい肉などの食事が原因ではないかと誤解していませんか?

犬や猫の体は人間とは違い、動物性のたんぱく質と脂肪を効率よく代謝するようにできています。

反対にトウモロコシや米などの炭水化物は消化されずに糖分として蓄積され、血糖値を上下させます。

犬や猫の糖尿病、インシュリン耐性に影響を与え、肥満の原因となります。また、皮膚病やアレルギーの要因とも言われています。
4 ビタミン・ミネラルを補給
ペットフードを粒状にするためつなぎとして少しだけ炭水化物が必要です。

安価なペットフードに多用されるトウモロコシ、小麦、白米といった高GI穀類の代わりに、オリジンはバラエティ豊かな地元カナダ産フルーツと野菜を使用しています。

最低限の炭水化物とビタミン、ミネラルなどの保護栄養素が自然な形で含まれています。
5 ハーブ&植物で体と精神を安定
犬や猫は自然の中で特定の植物を本能的に探し求めます。

植物は体の特定の臓器と組織を強化する強壮剤・増進剤となり、消化を促進します。さらに肝臓の洗浄、体内毒素の除去をサポートします。

オリジンは自然な食事を再現するために、さまざまなハープや植物を配合しています。

 

——————————————————————————————————-

この製品はお値段が非常に高いのですが必要な給与量が通常の半分くらいなのでそう考えると決して高くはないです。
犬の体のことを大変良く考えて作られた製品ですのでなるほど合理的だと思います。

ただやはり全てのわんちゃんに合う万能のフードは無いと思います。
どれか一つのフードで落ち着く場合もあるでしょうし、2つのフードを混ぜて与えたほうが合う場合もあると思います。色々試して見ることです。
オリジンは400gからラインナップされていますので、フードに困られている方は是非ともお試し下さい。
オリジンを見にChez PUCCIに行く


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です